クリニックニュース

さいとう小児科内科クリニックニュース 6月号

*お知らせ*
*誤飲の時の対応*
*今、はやっている病気*
*新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が心配なかたに *
*保湿剤使用の危険性について*
*デンバー発達判定法について *
*赤ちゃんが泣きやまない時の対応*

お知らせ

木曜日の診察時間の変更について

 6月より以下の様に変更になります。
 午前診療 9:00~12:00 東京医科歯科大学小児科よりの派遣医師
 午後診療 16:00~19:00 斉藤院長 予防接種はこの時に行います

祝日診療

 7月24日(金)(スポーツの日)臨時外来 9:00~12:00 
 祝日診療では迅速検査、点滴は可能ですが、時間の制限があるのでご注意ください具合の悪い方はなるべく早く受診してください。予防接種もおこなっています。

乳幼児歯科相談

 毎週月、水曜日午後2:00より4:00まで乳幼児歯科相談をおこなっています。歯科医師による歯磨き指導、虫歯予防、歯にかかわる相談をおこないます。費用は無料です。以外にも気楽に相談する機会がないようで延べ300人以上のかたが受診されています。予約不要でおこなっていましたが、最近希望者が多くなっていますのでできれば予約をお願いします。楽しく歯磨きをおこなえるように指導をおこないます。詳しいことは当院受付にお尋ねください 。

発達テストを行っています

 生後0歳から6歳までの子どものDENVERⅡによる発達テストを開始しました。気になる方は乳児検診などでご相談ください。

誤飲の時の対応について

 以下は多摩北部医療センター 小児科子ども救急ホームケアガイドよりの引用です。
 救急の対応は日本中毒情報センターにお聞きください。つくば中毒110番 029-852-9999です。

  気道異物か消化管異物か

 お子さんが何か口に入れていて、その次の瞬間、さらに奥にいってしまった場合、それが胃 などの消化管へ向かったのか、気管や肺などの気道へ向かったのか、ご自宅で判断すること は難しいと思います。どちらの場合でも、病院を受診するようにしましょう。
  ■ 気道異物
上記のように、消化管異物と区別することは難しいですが、消化管異物と比べて、咳嗽、 呼吸が苦しいなどの症状が出やすく、より重症となることが多いです。
苦しそうだと思ったら、救急車で病院に向かってください。
・意識あり→ 背中を平手で何度かたたくと異物が出てくることがあります。
・意識なし→救急隊の指示も仰ぎながら、心臓マッサージを始めてください。
消化管異物
以下に異物の種類ごとに応急処置のポイントを示しますが、基本は病院を受診しましょう。 何を、いつ、どのくらい飲んだか説明できるように、 実際の製品を持参してください。

  水を飲ませる 牛乳を飲ませる 吐かせる
たばこ
消毒薬(マキロンなど)
殺虫剤(有機リン系)
防虫剤(ナフタリン)
化粧水
灯油、シンナー
石鹸、シャンプー
ヘアリンス
漂白剤
洗濯用合成洗剤
トイレ用洗剤
マニュキア除光液

*マニキュア除光液は有毒ガスです。大量に吸い込むと痙攣や意識障害が起こります。
このガスは低いところに滞留します。使用時は赤ちゃんを床に寝かさないこと、また 、必ず 換気をして使用しましょう。
他に・・・
・ボタン型電池:緊急で取り出す必要があるため、高次医療機関受診となります。
・コイン、ビー玉、おもちゃなど:無症状であれば数日うんちから出てくるのを待つことに なります。とがっているものの場合には緊急に取り出す可能性もあります。
・磁石:複数個飲み込んでしまった場合には緊急となるため、高次医療機関受診となります。
・医薬品:高血圧、不整脈、うつ病、糖尿病などの薬は少量でも致死的になる可能性があります。
・アルコール:ジュースと間違えて飲まれることが多いですが、お子さんの場合、容易に中毒症状をきたしたり、低血糖になったりします。

 ご自宅でできる予防策

☆口の中にものを入れたままにしない!
笑ったり泣いたりした拍子に、誤って飲み込んでしまう可能性があります。
☆食べ物のサイズ、かたちに注意!
球形(ブドウ、ミニトマトなど)、つるんとしたもの(こんにゃく、ゼリーなど)、口の中で膨らむもの(パンなど)は窒息するリスクが高いものです。
球形であれば半分にする、パンなどは小さ目に切ってあげるなどの工夫をしましょう。 つるんとしたものは、小さい年齢の間は避けましょう。
また、豆類、ピーナッツなどは小さいお子さんには危険です。
少なくとも3歳までは避けましょう。
☆薬品類をペットボトルに移し替えない!
洗剤や漂白剤などをペットボトルに入れておくと、ジュースと間違えて飲んでしまうことがあります。
☆危ないものは子ども手の届かない場所、取り出せない工夫を!
よく言われることですが、日常生活においてなかなか難しいことと思います。
1mより高い場所に置く、テーブルクロスは使わない(引っ張って、テーブルの上のものを手に入れる可能性があるため)、カギ付きの戸棚を使用するなどのエ夫をしてみましょう。
☆ジュースの瓶や缶を灰皿代わりに使用しない!
 水に溶け出したニコチンを飲むと、たばこを食べてしまった場合より大量の有害物質を摂取し、生命に危険が及ぶことがあります。

今、はやっている病気

  咳と熱が続く場合

 インフルエンザのピークはすぎました。ヒトメタニューモウイルスの流行がはじまりました。熱と咳が続き新型コロナウイルスに症状が似ているため早めの検査が必要です。熱が長い場合には細菌性肺炎が考えられので採血を行ったり、胸部のレントゲンをとります。

  熱中心なら

 アデノウイルス、溶連菌感染症が考えられます。検査なしで抗生剤を服用すると本当の原因が判らなくなります。

  吐き気あるいは下痢なら

 ノロウイルスの流行の季節になりました。下痢、嘔吐による脱水がひどく、点滴が必要になる場合があります。受診はなるべく早くお願いします。経口補水液をうまく使って点滴をさけるようにしてください。水分補給の注意の記事も参考にしてください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が心配なかたに

  新型コロナウイルス(COVID19)感染が心配の方には以下様に対応します   R2.5.16時点
当院かかりつけの方には以下の様な対応になります。とりあえずクリニックに電話をしてください。(042-421-7201)
1)濃厚接触者、家族で発症した方がいる場合 
院内トリアージ対象となります。電話問診で症状などを聞きます。疑いが強い場合は西東京市医師会PCR検査センターへの予約を行い、紹介状を持参しての受診になります。症状がなければ家で経過観察してもらいます。
2)発熱が続き、熱がある場合で、周囲での新型コロナウイルス(COVID19)感染がない場合
電話問診で症状などを聞きます。症状次第で院内トリアージ対象となる場合は、受診の入り口等が変わりますので、職員の支持に従ってください。ここである程度の検査を行います。血中酸素濃度の測定のほか、溶連菌感染症、アデノウイルス、マイコプラズマ肺炎、ヒトメタニューモウイルス、血算、COVID19の抗体検査などです。
この結果で西東京市医師会PCR検査センターへの紹介か、そのまま家で通院治療になるか決定します。
3)家族が熱をだしていて心配で本人は症状なく仕事、妊娠などで心配のかた
症状は全くないが、COVID19に感染しても無症状のこともあるので心配な方
咳、熱があり今は治まっているが、それがCOVID19だったか知りたい方
保険診療はできません。自費でのCOVID19の抗体検査が可能です。検査代で20000円かかります。抗体検査はPCRとは違い現在のウイルスの有無はわかりません、が前後にかかったかどうかの判定になります。検査可能な数は限られていますので、あくまでもかかりつけの方へのサービスとして行っています。結果は約15分程度ででます。

保湿剤使用の危険性について

 当院では保湿剤でアトピー性皮膚炎の治療を行い、悪化したり、改善が見られない例があまりにも多いために、保湿剤の使用に警鐘を鳴らしていました。その理由として保湿剤によるアレルギー(ラノリン)、科学的刺激による皮膚炎などを考えていました。そして今年になり有名な医学雑誌、Lancetで「アトピー高リスク乳児の保湿剤使用に予防効果みられず」「
細菌感染のリスクが高まる可能性が高い」と発表され非常なインパクトを受けました。
 不思議なことに以下のニュースはあまりにもインパクトが強すぎたためか、あるいは日本での保湿剤の市場が大きいためのコマーシャルベースでの圧力のためか、ネット上あっという間に表にでなくなってしまいました。保湿剤に頼る皮膚治療は明らかに曲がり角にきており反省期になっているのではないでしょうか。

 アトピー高リスク乳児の保湿剤使用に予防効果みられず

アトピー性疾患の家族歴がある正期産新生児1394例を対象に、生後1年間の皮膚保湿剤使用による湿疹予防効果を無作為化比較試験で検討(BEEP試験)。保湿剤を毎日使用+標準的なスキンケアのアドバイス(保湿剤群)と標準的なスキンケアのアドバイスのみ(対象群)に1対1の割合で無作為に割り付けて比較した。
 その結果、主要評価項目に規定した2歳時の湿疹発現率は、保湿剤群23%、対照群25%だった(調整リスク 0.95、95%CI 0.78-1.16、P=0.61、調整リスク差-1.2%、95%CI -5.9-3.6)。生後1年間の1人当たりの皮膚感染症平均発生数は、保湿剤群0.23(SD 0.68)、対象0.15(同0.46)で、調整発生比は1.55(95%CI 1.15-2.09)だった。

 Daily emollient during infancy for prevention of eczema: the BEEP randomised controlled trial.(Lancet 2020)

 INTERPRETATION: We found no evidence that daily emollient during the first year of life prevents eczema in high-risk children and some evidence to suggest an increased risk of skin infections. Our study shows that families with eczema, asthma, or allergic rhinitis should not use daily emollients to try and prevent eczema in their newborn.

 ということです。

デンバー発達判定法について

 デンバー発達判定法について
 本院では乳児健診の時に気になる症状があったり、お母さんが心配している場合にデンバー発達判定法を行っています。このテストはDENVERⅡという検査で0か月から6歳までが対象で世界54か国で採用されている標準的なものです。実施には、まず簡単な問診表を書いてもらい、短時間で結果がでます。この結果本検査が必要と判断されると、約2時間程度の検査を行います。
このテストは発達する種々の行動を「個人ー社会」「微細運動―適応」「言語」「粗大運動」の4分野に分類し各分野の評価を判定し、結果をだすものです。詳しい内容にについては担当の看護士、あるいは院長にお尋ねください。

赤ちゃんが泣きやまない時の対応

 以下は多摩北部医療センター 小児科子ども救急ホームケアガイドよりの引用です

  夜泣き

生後2か月くらいが一番多く、生後3-4か月を過ぎると落ち着いてくると言われています。この時期に赤ちゃんが泣くことは正常ですが、過剰に泣く場合、1日に3時間以上連続して泣くことが週3回以上ある場合を夜泣きといいます。

  病院を受診する目安

・38 度以上の発熱がある
・嘔吐
・うんちに血が混じっている
手足やおちんちんなどが腫れている、普段通り動かさない
・ミルク、母乳を受け付けない
・普段とは異なる泣き方、怖いと思うような泣き方
・転落などの怪我のあとに泣き止まない

  ホームケア(ご自宅でできること)>

★まずはご家族が落ち着きましょう
小さな赤ちゃんが泣き止まないと不安になってしまいますね。
ただ、ご家族が不安になってしまうと、赤ちゃんにもその不安が移って、さらに泣き止まないという悪循環になります。
まず、ご家族が落ち着いて、もし下記を読んでも分からないことがあったり不安があったりすれば、医療機関などに相談してみましょう。
赤ちゃんが泣いている理由を考えてみましょう
これは、普段赤ちゃんと多く接しているご家族だからこそできることです。
代表的な理由は以下のようなものがあります。当てはまるものがないか考えてみましょう。
・おなかがすいている
・うんちが出ていない、おならが出ていない
・日中に外に出る時間が普段より多かった、刺激が普段より多かった
・肌が荒れている、かゆそう 特に耳の湿疹に注意しましょう
・室温が高い、低い
・どこか痛いところはないか
(発赤や腫れている場所がないか、手足は普段通り動かすか)
★赤ちゃんが落ち着く方法を探してみましょう
上記のような理由が思い当たる場合には、それに対する対処をしてみましょう。
わからなければ、日中にかかりつけの先生に相談してみてもいいでしょう。
特に思い当たらず、元気はありそうな場合、以下のような方法で赤ちゃんが落ち着く可能性 があります。
・抱っこする、おくるみで巻いてみる
・赤ちゃんと一緒に外の空気を吸ってみる、近所をドライブしてみる

  赤ちゃんの泣き声、しかもなかなか泣き止まない場合には、ご家族の気持ちがすり減ってしまいます。上記のような方法で頑張っても、なかなか難しいときには、遠慮なく病院あるいはかかりつけ医までお問い合わせください。

 さいとう小児科内科クリニック 042-421-7201 あるいは、かかりつけの方は院長携帯まで
多摩北部医療センター 小児科 予約専用電話 042- 396-3511・3190